読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2人・3人・2人・3人・2人・3人・2人

19・木 みえこっちが来て、ビール、ほたて漬け、かんぱち漬け、みょうが、白ねぎ、しそ。ねぎのいっぱいのった油淋鶏。さけるチーズ。
20・金 昼の陽のあたる喫茶店でオニオンシチュー、エビピラフ。それからみえこっちを表参道に連れて行って、ひさしぶりにアペティートのロッキーをたべる。みえこっちが帰って、ずっと行きたかったホアナデアルコ(Juana de Arco)にやっと行った。アルゼンチンのアーティストのつくる下着の店。見渡す限りの、いろとりどりの、布・布・布。はじーが「アレナスの『ハバナへの旅』の、ずーっと服を編んでる話を思い出す」と言う。そのとおりだ。お店のすみで、おんなのこが、すわって雑誌を読んでいる。そこへ聖子さんもやってきた。お店のなかにくまんばちが飛んできた。違う時間の流れてること。いいお店を教えてもらったのだと、すぐわかる。ぶらとぱんつ、ひとつずつ購入。腰をふんばって、うちまで歩いて帰って、蒸し野菜のごろごろしたスープで温まる。枠の話をする。赤ワイン。かぶの焼いたの。のむヨーグルト。ブルーベリー。
21・土 真昼のデニーズでいちごのデザートを食べる。それから廃墟。聖子さんとわかれて、はじーとふたりカフェる。「ゼロの焦点」をすくすく読む。帰り道にいそべ団子を買ったら、ショウガとレンコン入りのいなりずしを3つもおまけしてくれた。それをたべながら、テレビをみながら、annaを待つ。annaが来て砂肝揚げと簡単エビチリを一緒にぽいぽいたべる。焼きカマンベール。annaは今度もメキシコのおみやげに、わたしにはカヘタ、はじーには缶入りタバコを買ってきてくれる。ふたりとも嬉しい。カヘタはうすいミルクせんべいみたいなものに柔らかいキャラメルの挟まったお菓子。
22・日 昼出て、ももちどりのパンケーキいろいろをannaとはじーと。甘いパンケーキはふっわふっわ。チーズのパンケーキは黒コショウががりがりかかって、ビールに合う味。蒸し野菜のサラダもラタトゥイユも全部おいしい。夜はオニオングラタンスープ、高山さんのレシピでじゃがいもと鶏手羽先の焼いたの。これがまた、びっくりしてはじーもわたしもぎゃーっと叫んだくらいおいしい。(ここ何日か、おいしいものを食べ過ぎておなかが疲れたから、おなかを休めるものを食べよう、と話していたのに、またこんなにおいしいものを食べてしまった)と思う。
今朝 ラセゾンのフォカッチャ(チーズとサニーレタス、からしマヨネーズ入り)、オリーブオイルがけオリーブ、ブルーベリー。朝日のかかるサイドテーブルにのせて写真を撮る。

あなたのためにこぼした最初の涙が四本針でしている編み物の上に落ちた。でもあたしは、ほとんどなにも気づかないまま、編みつづけた。

ハバナへの旅

ハバナへの旅