読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水気過多

朝顔は毎朝ぽんぽんとふたつずつ咲きます。夜になるとしぼんでいます。隣の鉢のトウガラシ(観賞用)は、買ったときにきれいなオレンジ色だった実が揃ってしわくちゃになり、端っこのよく陽にあたる辺りから次の実が青々とむりっと出てきました。植物はいつも突然です。ここ数日、ベランダは涼しいけれど、ものすごい湿気です。
今朝は納豆チャーハンを食べました。食べながらはじーに「納豆の食べかたのなかで、私は納豆チャーハンが一位二位を争うくらい好きかも」というと、はじーは「じゃあ、今度いろいろ工夫してみよう」といいました。今朝の納豆チャーハンの味はナンプラーです。今度はパクチーをのせて食べたいなぁ。お昼はドトールでザワークラウトドッグを食べて、「揺れる家」を読み、それから続けて坂口安吾の「教祖の文学」を途中まで読みました。「日本に多きは人なり。日本に少なきも亦(また)人なり」という漢文の言いまわしを安吾が「駄洒落のような表現方法」と批判しているのが可笑しくて、ひとりでにやにやして読んでいました。(それを最初に書いた人は、「日本には人の数は多いが、尊敬に値する人物は少ない」というような意味で書いているのです。でも、ぱっと読んだら「日本に人は多いが人は少ない」とトンチのようなことを言っているだけで、安吾はその言いまわしを、しゃれてるばっかりだと指摘しているのです。)
昨日は雨の降ったりやんだり降ったりやんだりのなか、有楽町のビックカメラをうろちょろして、デジタルカメラを物色して、はじーの机の蛍光ランプが切れていたのを買い、エネループもそのそばに売っていたのではじーがマウス用にそれをほしがっていたのを思い出して、こどもを甘やかす親のように、それを買って帰ると、はじーは大変な喜びようで今朝になって「プレゼントの良さがわかった」なんて言うのです。私は新しいデジカメにニコンのCOOLPIX-S600というのを買うことに決めました(そして会社のパソコンからネットで注文しました)。
夜ねむるとき、雨がどさーと降りはじめて、稲妻がまぶたにぴかぴか映っていました。