読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12月30日(金)

「没後150年 歌川国芳展」をみに六本木へ、はじーと。やはり猫たちが素晴らしかった、それから金魚と雀も。

六本木まで行く地下鉄の道のりで、外国人観光客の姿をやたらとたくさん見た。昼は行こうと思っていた安くておいしいスパゲティの店(TE)がカレー屋に変貌してしまっていたので、ちょっとフンパツして、東京純豆腐でスンドゥプを食べた。浮世絵をみおわって、六本木ヒルズのなかにある、宇宙ステーションみたいなマクドナルドで休憩してから、途中まで歩いて帰ることにした。指先の冷たくなる寒さ。青山墓地には猫がいるかなと探したけどいなかった。骨董通りを抜けていくと、暖かい灯りのついた靴修理の店があった。「こびとのくつや」みたいなつつましい、しっかりした職人仕事をしそうなその店のなかで働いているふたりの人を、ショーウィンドウからしばらく眺めた。