読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翻訳

エルヴィラ・シュタイフのための夢想

アドリエンヌ・リッチ 作 詩集"The Dream of Common Language"より 冷たくて冷たくて 私たちの血も冷たくなった それから風が死にたえて私たちは眠った この眠りのなかで話すとしたら私の声はもう私だけのものじゃない(私は言いたい 複数の声で)私たちの息…

プリンス「キス」

おまえの顔なんかどうでもいいさからだがほしいだけ夜が明けるまで経験なんかなくていいから任せときなよみせてあげるから 金なんかいらないよ僕のものになれよカッコ悪くていいから僕を支配してほかの何かと交換しないでちょっとおくれよ、時間とキスを 淫…

ロード「王族」

本物のダイアモンドは見たことがない私の見たのは映画のなかの結婚指輪私の住所は自慢するような場所じゃないさびれた町で、郵便番号の嫉妬ごっこもないなのにどんな歌もこればっかり金歯だの高級ウォッカだのバスタブでトリップするだの殺人事件に舞踏会の…

ロバート・ブライ「豊かさに反する詩」

毎日わたしは生き、毎日光の海は 昇り、わたしは見るらしい 石の内側に涙を まるで私の目が地面の裏を凝視しているように。 豊かな人は彼の赤い帽子の中で ききとることができない 百合の群落の中のすすり泣きを あるいはトウモロコシ小屋の中の暗い涙を。 …

ジム・オルーク 「ユリイカ」

ハロー、ハロー、聞こえますか? そちらでは あなたたちの空は 清潔で晴れていますか? こちらでは こんな雨のなかでも そよ風の呼吸がわたしに届いています こちらのこの電話に わたしのために残された一日の四分の一 いろんなことがしんと静かであるように…

「あらすじ」リッキー・リー・ジョーンズ

あらすじ 彼女が五月に身籠もって 彼らはいまそこへ向かってる 雪のなかをとてもいそいで セントジョン救急病院へ、さあここだよ そうね、男の子かもしれない けどいいじゃないもし彼が女の子だって ああ、こういうことはひらけていくんだ わたしたちが成し…